English | Chinese | Russian
ホームニュース

ニュース

ニュース

過去のアーカイブ

Dec
24

外国人労働者のカップ制に違法性

英国の高等法院は 暫定的な外国人労働者を制限することは法律に触れるとBBCは伝えた。

内務大臣のTheresa Mayは外国人労働者数に一定の制限を加えることを夏に導入したがこれをそのまま4月以降も継続する予定だ。 しかしながら、これらのことは国会の審議をなしに制度化しようとしている点が法律に違反するとしている。

高等裁判官のSullivan氏とBurton氏は 国会の適切な手順を行わないままに 投票なしてカップ制を導入し、また、1971 Immigration Act の条項のもとで カップ制について審議を行わなかったことは明らかに法律に触れるとしている。 つまり 海外からの外国人労働者の数を制限するカップ制は違法であると。

キャメロン首相は現在の外国人労働者のレベルは耐えうるような状態でなく、入国に際し、一定の網をかける必要あるとしている。それは現在の20万人規模から数万人と減らす計画だ。

影の内閣で内務大臣、労働党議員Ed Ballsは 選挙前には素晴らしいものだと思ったが、国会での調査なしてこの制度が行われていることは、キャメロン首相が掲げた公約がただの目的化してしまっていると批判している。
Dec
18

Tier 1 ( General ) の停止

11月23日にTier 2 の来年のビザ申請が変更になったことに伴って Tier 1についても来年4月から大幅に変更されます。

一番大きな変更は 以前 高度な能力のあるかたで 会社のスポンサーなしに自由に就労ができたHigh Skilled workerだった、Tier 1( General ) が廃止されます。

起業家(Entrepreneur)のルートはもっと柔軟性をもった形にリフォームされます。また、投資家(Investor)のルートについてはもっと枠を枠を広げるようななります。その両方については 人数の制限がありません。

一方で新しく導入されるのが、persons of exceptional talent。科学や芸術の分野で国際的に活躍し、将来もその可能性がある人を対象にしたTier 1 のルートです。 このルートには1000名のビザを発給する予定です。
Dec
10

学生ビザの制限について

外国人労働者への条件が厳しくなったと同時に学生のビザ取得についても厳しくすべきという政府案が出されています。 以下について 8週間の審議が行われる予定です。 


○ 大学レベル以下のコースへ来る学生の数を減らす
○ 留学に必要な英語力をさらに厳しくする
○ ビザ延長はアカデミックなコースのみに限定
○ 学生での就労を制限
○ 政府が認定する教育機関でのみビザを取得できる

外国人労働者の数を減らすのはももちろんだが、 EU以外から英国に入国する人の3分の2が学生ということから、 学生ビザ取得へのリフォームについても政府の大きな移民政策のひとつとなっています。
Dec
03

お金持ちに 門戸を開く英国

外国人が “新しい家”を買う国として英国を選ぶよう促進していきたいと 内務大臣は語った。 つまり、投資家や起業家は現在行われている EU以外からの外国人労働者の制限から免除する ということだ。

デイビット首相は、カナダと同じくらい 3000人もの投資家を誘致できればと この内務省の計画を支援している。

内務大臣のメイ氏は、来年外国人労働者の受け入れ数を 21700に限定すると発表した。 これは、2009年と比べれば20%もダウンしているが、一方で 経済へのダメージも懸念されている。

これに加えて 特別な技能をもつ人で 会社のスポンサーなしで 就労できる人数が14000人から1000人へと大幅に制限された

ページトップへ